2020年にFIT終了にむけた関連法改正も?「卒FIT・脱FIT」で太陽光発電の未来はどうなる?

当社取締役の浅野瑞基が業界最大級の土地付き太陽光・小型風力発電専門サイト「メガ発」に掲載されました。

当社取締役、浅野瑞基のインタビューが業界最大級の土地付き太陽光・小型風力発電専門サイト「メガ発」に掲載されました。

​今回公開されたインタビューでは、自身も太陽光発電所のオーナーとして投資家たちから厚い信頼を得ている浅野が、メディオテックの太陽光発電投資の特徴について語りました。

浅野は、同社の太陽光発電所の人気の理由について、発電用地の仕入れで地主が売りたいといった土地の約18%しか商品化しておらず、 残りの約82%は日照量のハードルをクリア出来ないため断っていることを明かし、「こういったことからも日照条件のクオリティに関しては非常に自信をもっている」と、同社が太陽光発電投資において最も重要な日照条件の高い物件を揃えていることを明かしました。

また、同社の強みとしてファイナンスの柔軟さをあげ、「『ローンがつかなくて諦めた』という方も、是非一度ご相談をいただければ」と自信をにじませました。

一方、メガ発からは人気のセミナーについて「太陽光・風力発電投資初心者でもわかり易くまとめられていて、内容の濃いセミナーになっている」とのコメントももらっており、メディオテックの太陽光発電投資事業への対応の丁寧さが評価されています。

メディオテックの会社としての今後の取り組みについて浅野は、「上場を視野に入れておりまして、新規事業にも積極的に投資しています。」と語り、同社がメーカー事業として大手リフォーム会社との協業を決定しているほか、職人向けのマッチングサイトや建設業界向けの求人サイト「ジョブケン」などのサイトの展開も進めていることを明かしました。

そのほか、外国人向けのホステルに絡めたインバウンド事業、中古住宅のリフォーム事業など、会社として多角的な事業に率先して取り組んでいることにも言及しました。

インタビューの最後には、メガ発利用者限定で同社が開発・販売する遠隔監視システム「エナビジョン」を特別価格で提供すること発表。太陽光発電投資を考えている人にとっては必見の内容となっています。

プロフィール

浅野瑞基(あさの みずき)
株式会社メディオテック 取締役

株式会社メディオテック 営業部門最年少部長として、太陽光発電の投資物件や購入後の運用サポート体制についても精通。また、自身も太陽光発電所オーナーであるため販売業者側、投資家側両方の視点から考え、判断することができる。
「お客様に対しては嘘をつかず、本音を包み隠さずお伝えすることによって、信頼が生まれると思っています。
お客様にとって答えやすい質問から徐々に掘り下げていくことによって、おのずと課題が抽出されてきます。」
という言葉通り、親身にお客様の相談にのることから、投資家様の厚い信頼を得ている。

参考 【メガ発インタビュー】株式会社メディオテック